2016年1月8日金曜日

1月7日(木)始業の日


 転入生3名を迎え入れ,全校児童生徒114名で3学期が始まりました。始業式では,校長先生から「一年の計は元旦」にかかわるお話がありました。抱負と決意を叶えるには,実行・継続・体力が大切であることがわかりました。また,今年の干支である「申(さる)」にまつわるお話もありました。
 
 

 続いて,児童生徒代表挨拶を小学部1年生の小山一樹さんと小学部4年生の石黒葵さんが務め,新年の抱負や3学期の目標などを述べました。2人の発表を聞いて,自分も頑張ろうと意気込んだ子どもも多かったと思います。


 始業式後の書き初め会では,小学部1・2年生は各教室で硬筆,小学部3年生以上は体育館に集まって一斉に毛筆で書き初めを行いました。子どもたちは,日頃の書写の授業での成果を発揮し,力強い文字を書いていました。

 餅つき会では,1人5回ずつ餅つきを行い,自分の分を3個ずつ丸めました。PTAの方々が作ってくださったお雑煮や砂糖醤油味ののり巻き餅,きなこ餅は大変おいしく,幸せな気持ちになりました。

 日本から遠く離れたメキシコの地で,日本の伝統文化に触れることができて,子どもたちだけでなく大人にとっても,素晴らしい1日になりました。