2018年7月9日月曜日

水泳教室(発表会)  7月5日(木)


 5月から始まった水泳教室も最終日を迎えました。水泳教室では,各学年の発達段階に応じて,水に親しむことから始め,各種の泳ぎ方を身につけさせ,安全に泳ぐ態度を育て体力の増進を図ることを目的に取り組んできました。
発表会の進行は,体育委員会が行い,代表者の挨拶からは発表会にのぞむ意欲と緊張感も伝わってきました。小学部1年生と2年生は小プールで,2人組みでけのびや,じゃんけん列車などの水遊び発表会を行いました。最後の水中ダンスでは,笑顔いっぱいに踊る様子にプールサイドから手拍子がおこり,リズムに乗ってみんなで盛り上がりました。
大プールでは,小学部3年生から中学部3年生が,練習成果を発表しました。これまでに自分の泳力をもとにコース選択をし各自がめあてをもって練習を重ねてきました。当日は,自らが得意とする泳法で記録会が行われ,プログラムの終盤には,教員チームも加わり,アグアスリレーが披露されました。小学部1・2年生も応援に加わり,迫力のある泳ぎを観戦し,プールサイドには大きな歓声が飛び交いました。
発表会のまとめとして教頭先生から,今日の発表会で記録が伸びた人や全力で泳ぐことができたことは素晴らしく,必ずこれからの皆さんの力につながると講評していただきました。
保護者の皆様方には,多数ご参観いただき,たくさんの声援をありがとうございました。






2018年7月5日木曜日

全校朝会(七夕)  7月3日(火)

   77日は「七夕」です。この日に向けて全学年が短冊に願い事を書きました。
全校朝会では,七夕についてのお話を聞きました。七夕は,五穀豊穣・無病息災・子孫繁栄を願う五節句の一つだそうです。また,七夕の日にいただく行事食といえば,そうめんだそうです。日本の夏らしいですね。さらに織姫伝説にありますように,一年に一度の牽牛との再会を願う日でもあります。皆さんはどんな願いを持つことができたでしょうか?
 全校朝会の最後に,願い事の発表も聞かせてもらいました。「勉強がもっとできますように」「ともだちがたくさんできますように」「絵が上手になりますように」「検定試験が合格しますように」・・・今年はフランセス校のみなさんも願い事を書いて,笹飾りが完成しました。七夕の日には,星空が見えることに期待をしたいですね。
 七夕の日には,星空が見えることに期待をしたいですね。





6月29日(金) 全校集会「先輩は語る」

 29日(金)の全校集会では,在レオン日本国総領事館 主席領事 古川佳世子様をお招きして,お話を聴きました。ご自身が外務省で働きたいと思ったきっかけや外務省がどのような仕事をしているかについてお話をしていただきました。
 また,途中に「世界で一番面積が広い国はどこでしょう?」「漢字で「墨西哥」これってどこの国でしょう?」「「ありがとう」を「オブリガード」という言語は何語でしょう?」などのクイズを出してくださり,楽しく世界ことについて学ぶことができました。
 人生の先輩のお話を聴くことで,新しいことを知ったり,自分自身の考えを広げたりする機会になればと願っています。





2018年6月29日金曜日

6月15日(金)避難訓練②「水害」


昨日,めずらしく降り続いた雨は道路を覆い隠してしまうほどの雨量でした。
避難訓練の事前学習では,その時の学校や道路の様子をビデオでみて,あらためて水の被害による影響を知り,全学年が今日の避難訓練にのぞみました。
 訓練のための避難放送がかかると,避難の4大ルールであります「おさない・はしらない・しゃべらない・もどらない」を守り,まず2階の多目的室と会議室にわかれ階上避難を行い,全員の安全が確認された後,体育館へ移動しました。
 児童・生徒は,避難の4大ルールを守り,どの場合も落ち着いて整然とした姿で避難ができました。担当の先生からは,大雨などによる被害の例も話をされ,雨が止んだ後も危険であり,外に出ないようにするという避難行動の仕方もあわせてお話していただきました。







2018年6月19日火曜日

6月7日(木),8日(金)小学部5・6年宿泊学習

 

  子どもたちが考えた「学んで!発見!グアダラハラ!~仲間と創る最高の宿泊学習~」のスローガンのもと,小学部5・6年生児童によるグアダラハラ宿泊学習が行われました。
 一日目は,グアダラハラ動物園に行きました。ラテンアメリカ最大規模を誇る広大な敷地の中で,サファリ見学や班行動での自由散策を楽しみました。隣接する水族館も見学し,普段見ることのできない動物や海の生き物と存分にふれ合いました。また,園内では,班ごとに買い物もしました。子どもたちは家族へのお土産を真剣に選び,スペイン語で値段を聞くなど,日頃のスペイン語の学習を生かすことができました。
 二日目は,グアダラハラ近郊の「世界遺産の街・テキーラ村」へ行ってきました。テキーラ工場見学では,テキーラの製造過程について熱心に聞いたり,メモを真剣にとったりする姿が見られました。家族のために「本場のテキーラを!」と,工場内でのお土産選びも楽しむことができました。
 この二日間で,子どもたちはメキシコの歴史や文化に触れ,多くのことを学ぶことができました。家族旅行とはまた違った楽しさや宿泊学習の意義を感じ取っているようでした。この経験をぜひ今後の日常生活にも活かし,高学年としてさらに学校全体を盛り上げていってくれることを期待しています。






2018年6月18日月曜日

5月31日(木)・6月1日(金)スクールキャンプ

「自立・協同・思いやり」のめあてのもと,小学部1~4年生の児童による一泊二日のスクールキャンプが行われました。
一日目は,MundoAに行きました。ちびっこプールで滑り台やおにごっこをしたり,波のプールでボートに乗ったりして楽しく過ごしました。学校へ戻った後は,学年ごとに分かれて,夕食のカレー作りに取り組みました。1・2・3年生は,炊飯,トルティージャ作りをしました。4年生は,カレー作りをしました。どの学年も手際よく進めることができました。みんなで力を合わせ,おいしいカレーとトルティージャができあがりました。その後,ナイトキャンプで歌,ダンスをして盛り上がりました。







二日目の朝食は,スクールキャンプ恒例のアグアスドックを作りました。自分で材料をパンにはさみ,牛乳パックに入れて焼きました。子ども達は,わくわくした様子で焼きあがるパンを見ていました。朝食の後は,スイカ割りとレクリエーションを楽しみました。レクリエーションでは,フラフープくぐりや風船はさみレースを行いました。班ごとに声を掛け合い,協力して活動する姿が見られました。
 子ども達は,自分がすることは何かを考えながら,友達と協力して行動し,様々な経験を積むことができました。このスクールキャンプで学んだ事を,今後の学校生活に生かしてくれることを期待しています。保護者の皆様には,当日までの健康管理や荷物の用意など,様々な面でご協力いただきました。ありがとうございました。








5月23日(水)~25日(金)中学部宿泊学習

  中学部の宿泊学習の目的地はグアダハラでした。中学部22人全員,元気に出発しました。
 一日目は,グアダハラ動物園でした。動物園では,専用車に乗り,サファリパークを見学しました。途中,キリンに餌付けをする体験を行いました。その後,鳥のショーを見学しました。昼食後,班別に動物園を見学したり,買い物を楽しみました。その後,全員で水族館の見学を行いました。動物園では,様々な動物を見ることができ,生徒たちは動物園を満喫していました。 
 二日目は,グアダラハラ市から少し離れた村に行き,オパール採掘体験をしました。採掘体験では,ハンマーを用いて石を割り,オパールを探しました。石を割ってオパールを探すことはなかなか難しく,すでに割れている小さな石からオパールを発見する生徒もいました。また,地面に多くの黒曜石が落ちており,その中から自分の好きな黒曜石を拾うこともできました。見つけたオパールと黒曜石はお土産として持ち帰ることができたので,生徒たちは必死に探していました。昼食後は,オパールの研磨作業所を見学しました。研磨されることでさらに輝きをもったオパールをお土産に買うこともできました。ホテルに戻り,プールで自由時間を楽しみました。放課後などなかなか仲間と過ごすことができない生徒たちにとっては,楽しい思い出の一つとなったようです。
 三日目は,工場見学とチャパラ湖見学でした。工場では,工場長から商品について説明を受けて,商品開発から,世界進出までについてビデオを鑑賞しました。その後,工場の見学を行い,培養所や容器の製造過程,充填過程などを見学しました。休憩時間には,この工場で作っている作り立ての製品を試飲することができました。最後には,製品の形をした水筒をいただき生徒たちは大喜びでした。その後,チャパラ湖に行き,車窓からメキシコで一番大きい湖のチャパラ湖を見学しまた。
 この三日間,生徒たちは,自分の役割をしっかり果たし,お互い助け合いながら活動することができました。そして,生徒たちの成長した姿を見ることができました。保護者の皆様のご支援とご協力に大変感謝いたします。










2018年6月15日金曜日

6月12日(火) 全校朝会(保健指導)


 今回の全校朝会では,保健担当の先生から「歯と健康」についてのお話がありました。
 まず,初めに「6月4日は何の日かわかりますか?」と全校の子供たちに問いかけました。「6月4日は虫歯予防デー」であることを紹介しました。健康な暮らしに欠かせない歯の大切さについてお話をしました。歯の役割や「虫歯になりやすい時間帯はいつだと思いますか?」というクイズを出しながら分かりやすく説明しました。子どもたちは虫歯になりやすい時間帯は,唾液の分泌が低下する寝ている間であること,寝る前の歯磨きが重要であることを理解することができました。後半は,歯磨きの仕方について,歯の模型を使いながら歯ブラシの仕方を見せました。その後,実際に児童生徒たちは自分の歯ブラシで歯磨きの仕方を確認しました。健康な歯で美味しくご飯が食べられるように今後も指導を続けていきます。




2018年6月7日木曜日

6月5日(火) 全校朝会


  今回の全校朝会では,校長先生から「方言と共通語」についてのお話と生活指導の担当教諭から6月の生活目標「言葉づかいに気をつけよう」の発表がありました。
 校長先生から「方言とは何ですか?」,「共通語とは何ですか?」と質問があった後,校長先生が出身の地域の方言を披露してくださいました。さらに校長先生から共通語はだれでも理解でき,多くの人々が考えを共有することができることば,方言はその地域の風土,特徴にあったことばと共通語,方言のそれぞれに良さがあるという説明がありました。校長先生の話を聞いて,共通語,方言,それぞれの良いところを尊重して使えるようにしていきたいという思いをもった児童生徒がたくさんいました。
 また,生活目標担当の紺野教諭から5月の生活の振り返りと6月の生活目標の発表がありました。「人に言われてうれしいことばは何ですか」という話から,「お互いが気持ちよく過ごせる言葉づかいを心がけましょう」とお話がありました。今月もみんなが安心して楽しく学校生活を送れるように相手のことを思って生活していこうと全員が思うことができました。





2018年5月31日木曜日

5月28日 豚丼の日


 本校では,PTAの方々が月に2回,カレーと豚丼を作ってくださいます。5月7日(月)カレーの日に続き,5月28日(月)は今年度初めての豚丼の日でした。担当の保護者の方々に,朝から家庭科室で準備をしていただきました。4校時になると,家庭科室からとても美味しそうな匂いがしてきて,子どもたちは待ち遠しい様子でした。
 授業が終わったクラスから順に,家庭科室へ向かい,PTAの方に配膳していただきます。ほとんどの子どもたちがお代わりをします。そして,全員が完食したあと,クラス全員でPTAの方にお礼の挨拶をします。作っていただいたことへの感謝の気持ちを,どのクラスもしっかり伝えることができました。






5月28日 教育相談 5月28日~6月15日


 5月28日から中学部で教育相談が始まりました。生徒一人ひとりが生活面や学習面,友人関係,進路のことなど悩んでいることや困っていることなどを学級担任に相談します。生徒たちの不安が解消されたり,解決の糸口を見つけることができるように,アドバイスをしたり,一緒に改善策を考えたりします。生徒たちが,安心して楽しい学校生活を送ることが出来るように努めていきます。来週は,小学部1年から4年生,再来週は小学部5,6年生が行う予定です。

2018年5月22日火曜日

5月21日(月)読み聞かせ


本年度初めての読み聞かせが昼休みに行われました。読み聞かせをしてくださる方は,年度初めにPTAからの募集や呼びかけで担当になっていただいた児童生徒の保護者です。
 今回,低学年が聞かせていただいた本は,マーカス・フィスターさんの『にじいろのさかな』でした。世界中でベストセラーとなっているこの絵本は,きらきらした鱗を思わず触りたくなるような,美しい水彩画で描かれた絵本です。この絵本には,「幸せを他者と分かち合うことの大切さ」を訴えるメッセージが込められていました。子どもたちは,美しい絵と物語に引き込まれ,ゆったりとした気持ちで聞くことができました。





5月19日(土)PTA親睦会


  19日(土)にPTA親睦会が開催されました。多くの児童生徒,保護者,教員が集まり,ドッジボールとレクリェーション(未就学児による追いかけ玉入れとじゃんけん列車)をして楽しみました。ドッジボールは全5試合の対戦が行われましたが,どの学年も真剣勝負で,たくさんの好プレーが見られました。また,最後はスペシャル試合として,教員と中学生の混合チームによる「王様ドッジボール」が行われました。白熱した展開の末,見事,教頭先生が率いるチームが勝利を収めました。今年のPTA親睦会も大いに盛り上がりました。





2018年5月16日水曜日

5月12日(土)学校公開①


  5月12日(土)に学校公開が行われました。今回は土曜日の公開となり,学校の様子を見ることがなかなかできない方にも参観していただく機会となりました。児童生徒はいつにも増して意欲的に学習していました。学習内容は前に出て発表したり,グループ別の探究活動をしたりするなど,どの学年も児童生徒の主体的な活動が多くみられました。特に,小学部1年生は,初めての授業参観ということもあり,国語や算数の学習に一生懸命取り組み,入学後に成長した姿を保護者の方に見ていただくことができました。





2018年5月11日金曜日

5月9日(水)前期クラブ活動開始

  本日より小学部3年生から参加するクラブ活動が始まりました。本校では,児童生徒から希望をとってクラブを組織しています。平成30年度前期は,野外球技,屋内球技,ダンス,バドミントン,音楽,科学,卓球,昔遊びの計8つのクラブが設立されました。小学部3年生から中学部3年生までが協力して活動する本校のクラブ活動は,異学年交流という視点からも有意義な教育活動となっています。第1回目の活動は前期活動計画を立て,その後,それぞれの活動を行いました。これから充実した活動となるようにしていきたいと思います。

2018年5月10日木曜日

5月8日(火)帰国生のための海外学校説明会・相談会

  海外子女教育振興財団の主催により,「帰国生のための海外学校説明会・相談会」が本校にて行われ,参加を希望した保護者と,小学部5年生から中学部3年生までの児童生徒が第1部に参加しました。第1部,第2部から構成され,第1部では担当者による講話のあと,参加校によるパネルトークが行われました。第2部では学校別の個別の相談会などが行われました。海外で生活する子ども・保護者と,帰国生受け入れ校が情報交換をするよい機会となりました。




5月4日(金)新入生歓迎会


  5月4日に,児童生徒会主催による新入生歓迎会が行われました。



 新入生は,元気いっぱいの声で自己紹介をしたあと,新生活で頑張りたいことを発表しました。在校生からは,日本人学校での生活や行事について発表がありました。劇や歌など,表現の方法を工夫して,分かりやすく説明することができました。





2018年5月5日土曜日

5月3日(木)水泳教室開始・救急法講習会

今年度の水泳教室が開始されました。最近は暑い日が続いていたこともあり,子どもたちは朝から楽しみにしていました。
水泳教室初日だったこの日,到着後すぐにプール開きが行われました。体育委員会の司会進行で行われ,最後は全員で気合いを入れました。その後,泳力調査が行われました。久しぶりに泳ぐ子もいたようでしたが,全員が自分の泳げる範囲内でしっかりと頑張っていました。子どもたち一人ひとりが目標をもち,少しでもその目標を達成することができるようにこれから指導していきたいと思います。
水泳教室の開催に向けて,前日には教職員全員で救急法講習会が行われました。安全に水泳教室を実施できるよう,救急法の確認,AEDの使い方の確認等を行いました。

  7月の最終回には発表会を実施する予定ですので,ぜひお越しいただき,練習の成果をご覧いただきたいと思います。









5月2日(水)児童生徒総会①

 7校時に児童生徒総会が行われました。本校の児童生徒会活動は,小学部4年生から中学部3年生までの児童生徒で構成され,互いに協力しながらよりよい学校づくりを目指し様々な活動に取り組んでいます。児童生徒総会では,まず各委員会から前期の活動計画の発表がありました。その後,学級討議で出た質問や要望への答弁が行われました。学校をよりよくしようと,活発な意見交流が行われました。









2018年5月3日木曜日

4月23日(月)~4月27日(金) 家庭訪問


4月23日(月)から4月27日(金)の4日間,家庭訪問を行いました。
訪問時間は15分間という短い時間ではありましたが,子どもたちのご家庭での様子などもお伺いすることができ,非常に有意義な時間となりました。お話しいただいたことやご相談いただいたことを今後の指導にもしっかりと役立てていきたいと考えています。
保護者の方々にはご多用の中,ご協力いただきまして本当にありがとうございました。

2018年4月24日火曜日

4月19日(木)火災時の避難訓練,20日(金)緊急引き取り訓練

 
 19日6校時,家庭科室より火災が発生したという想定で避難訓練を行いました。児童生徒は担任の指示に従って,速やかに校庭へ避難することができました。どの子も「お・は・し・も」の約束を守り,しっかりとハンカチを口に当て,静かに行動することができました。
 翌日20日には,下校時刻に合わせて緊急引き取り訓練を実施しました。今回はアグアスカリエンテスのセントロ付近で暴動が起きたという想定で行い,児童生徒は真剣な態度で訓練に臨んでいました。緊急連絡網を回し始めてから1時間以内にすべての児童生徒を保護者の方に引き渡すことができました。ご協力ありがとうございました。
 「備えあれば憂いなし」 何も起こらないことが一番の願いですが,万が一の時に備えて今後も計画的に避難訓練等を実施していきます。 







2018年4月19日木曜日

4月17日(火) PTA総会・全体保護者会・学級懇談会



平成30年度,第1回目のPTA総会・全体保護者会・学級懇談会が行われました。
PTA総会では,児童生徒のためのPTA活動について各議案が承認されました。
全体保護者会では,校長より今年度の学校の教育方針についての説明がありました。保護者と教職員がしっかり力を合わせて子どもたちを育てていく「共育」についてのお話でした。その後の学級懇談会では,各学級担任から学級経営方針や今後の予定等の説明をしました。
今年度も,子どもたちの健やかな成長のため,教職員一丸となって取組を進めてまいります。どうぞよろしくお願いします。







2018年4月14日土曜日

4月14日(土)開校記念日


 本校が開校して,21周年となりました。これまで多くの児童生徒が,この地で日本の教育を学び,メキシコの文化に触れてきました。本年度は,94名の児童生徒と19名の教職員,事務員でスタートしています。
 新学期が始まって,一週間経ちました。授業も始まり,教室からは元気に発言したり,休み時間には元気に運動場で走り回ったりする児童生徒の姿が見られます。
 教職員一同,本校の歴史を大切にしながら,児童生徒の成長を支えていきたいと思います。




4月12日(木)学年朝会


 
低学年部,高学年部,中学部それぞれに分かれて学年朝会が行われました。学年朝会では,日々の学習の成果を発表したり,行事の準備をしたりします。
 低学年部では,2,3年生が中心となって会を進め,手つなぎ鬼をしたりして交流を深めました。高学年部では,先生方の自己紹介や一年間の行事の確認を行いました。中学部では,生徒会長が中学部としての約束や心構えについて話したり,各学年の代表の決意表明を行ったりしました。
 学年部ごとの活動を通して,一人ひとりの活躍する機会を増やすとともに学年部の団結力を高めていきたいと思います。







2018年4月13日金曜日

4月10日(火)・11日(水)健康診断


 
  学校医の小野先生,学校歯科医の増岡先生にお越しいただき,内科検診,歯科検診等健康診断を行いました。子どもたちは,校医の先生に「お願いします。」「ありがとうございました。」としっかりあいさつしていました。また,友だちが健診をしている間は,静かに待つこともできました。
 今回の健診の結果は,後日,保健担当から保護者の方へご連絡します。










4月9日(月)着任式・1学期始業式・入学式


 青く澄み渡った空の下,平成30年度が始まりました。
 着任式では,新しく赴任された6名の先生方の紹介がありました。子どもたちは,先生方の話に熱心に耳を傾け,とても興味津々のようでした。

 始業式では,校長先生から「この一年間大切にしてほしいこと」として,「あいさつ」「そうじ」「自学」「立志」についてお話がありました。そして,子どもたちはこの四つことを支えるためには「健康」であることが一番重要であると分かりました。担任発表では,今までの緊張した表情も和らぎ,笑顔で担任の先生とクラス写真を撮りました。

 最後に入学式が行われました。小学部20名,中学部8名の児童生徒が入学し,全校生徒94名でスタートします。アグアスカリエンテス日本人学校の児童生徒が,学習や運動,どんなことにも頑張れる1年となるように,教職員一同頑張っていきたいと思います。


2018年3月22日木曜日

3月17日(金)修了式・卒業式・離任式


修了式
 児童生徒へ修了証書が渡されました。子どもたちは,各学年の課程が修了したことや,ここから新学年への準備が始まっていくことを意識し,式に参加していました。一人ひとりのはっきりとした返事から,自信をもって修了式をむかえられたことを感じました。その後,小学部3年生,中学部1年生の代表児童生徒から,今年度を振り返って考えたことや来年度の抱負についての発表がありました。





卒業式
 卒業式では,小学部6年生7名,中学部7名が全課程を修了し,卒業証書を受け取りました。これまで支えてくれたご家族,先生,友達に向けてメッセージを読む場面では,涙ぐむ様子も見られ,これまでの小中学校生活を振り返った熱い思いや,いつもそばにいて見守ってくださった方々への感謝の気持ちがあふれていました。その後の卒業生合唱からは,別れを惜しむ気持ちやこの先の生活への期待や決意が感じられました。最後の全校合唱では,体育館に響く歌声で卒業生を送り,また,在校生を励まし,全校児童生徒が一体となりました。卒業生がそれぞれの道で活躍していくことを願っています。





離任式
 6名の先生方をお送りしました。代表生徒が先生方との思い出や感謝の気持ちを伝え,花束を贈りました。離任される先生方からご挨拶をいただき,心温まる会となりました。会の終わりには,児童生徒・保護者・教員でアーチを作り,先生方を見送りながら,別れを惜しみました。




2018年3月16日金曜日

3月13日(火) 卒業生・帰国生を送る会


 13日には,卒業生・帰国生を送る会が行われました。
 卒業生を送る会では,在校生が卒業生にまつわる劇などの出し物をし,学校全体で卒業を祝いました。卒業生代表の言葉では,在校生へ感謝の気持ちや励ましのメッセージが贈られ,小学部6年生,中学部3年生が今週をもって卒業することを実感する会となりました。
 帰国生を送る会では,送る側も送られる側も「これからも元気で頑張ってね。」「ずっと忘れないよ。」と,心温まる言葉を伝え合いました。話している最中に涙ぐむ場面もあり,子どもたちの笑顔や涙には,この学校での思い出がたくさん詰まっているように感じられました。最後に全校で大きな円をつくり,「友 ~旅立ちの時~」を歌いました。離れてしまっても,同じ空の下,共に頑張ろうという気持ちが伝わってきました。新たな場所での活躍を期待しています。




2018年3月9日金曜日

3月7日(水) 全体保護者会・学級懇談会


  今年度最後の全体保護者会・学級懇談会が行われました。校長先生のあいさつのあと,各担当から学習指導要領改訂について,外国語(英語)教育について,平成30年度年間行事予定等についての説明をしました。
 学級懇談会では,1年を通して子どもたちが成長したところ,また,今後の学習や生活で伸ばしていきたい力について,写真やスライドなどを示しながら保護者の方々と共有しました。
 今年度も残すところわずかとなりましたが,今後の子どもたちのさらなる成長,活躍を期待しています。



2018年3月7日水曜日

3月2日(金) 音楽鑑賞会


 音楽鑑賞会では,アグアスカリエンテスで活動をしているマリアッチ「Nuevo son de Aguascalientes」の方々をお迎えし,メキシコならではの楽器を使った音色や,リズム感を楽しみました。
 マリアッチの方々には,アンコールも含め9曲を演奏していただきました。その中には,運動会の表現で使った曲などもあり,普段の生活の中で聞き馴染みのある曲ばかりでした。また,今回の鑑賞会のために,日本語の曲や子どもたちに人気のある映画の曲などをたくさん用意していただきました。子どもたちは,歌や手拍子でマリアッチの演奏に参加し,曲によって楽器の演奏の仕方が異なることなどに気付いていました。
 鑑賞会の終わりには,来てくださったマリアッチの方々に感謝の気持ちを込めて,メキシコ国歌を歌いました。歌声は体育館中に響きわたり,喜んでいただくことができました。




2018年2月22日木曜日

2月17日(金) 新1年体験入学・保護者説明会

  来年度入学予定の新1年生の体験入学,併せて保護者説明会が行われました。
 来年度小学部のリーダーとなる5年生が,名札の準備や受付担当を行いました。体験入学では,体育館で縄跳びなどを使って遊び,その後,1年生が手をつなぎながら学校を案内しました。教室では,読み聞かせを聞いたり,お絵かきをしたりしながら,入学への期待感を高めました。
 保護者説明会では,入学にあたっての準備やお願い,入学手続きについて説明しました。

 教職員一同,新一年生の入学を心より楽しみにしています。



2018年2月20日火曜日

2月13・16日 友情の日(フランセス校交流)

 今年度最後のフランセス校との交流がありました。
 小学部は,13日に行いました。最初にフランセス校の児童から,ダンスや歌のステージ披露がありました。次にお互いに手作りカードを交換し,交流を深めました。
 中学部は,16日に行いました。アイスブレイクゲームとして,グループ作りや自己紹介をしました。仲が深まったところで,今年度の締めくくりとしてカード交換をしました。スペイン語や英語を使って交流をすることができました。

 フランセス校との交流を通して,今年度もお互いの文化を知ることができました。また,スペイン語や英語の学習も活用する場になりました。今年度は,これで交流は終了となりますが,来年度もより充実した交流をしていきます。





2018年2月13日火曜日

2月12日(月) PTA総会

  定期総会には,多くの保護者にご参加いただきました。
 まず,校長より,役員の皆様への感謝の言葉と本年度末で離任する職員の紹介がありました。次に,PTAや通学安全委員会から,本年度の活動が報告されました。
 本年度のPTA,通学安全委員会の役員の皆様には,本校の児童生徒の教育活動を円滑に進めていくためにたくさんのご尽力をいただきました。本当にありがとうございました。

 あわせて,新役員の選出も行われました。新役員となられた皆様とは,児童生徒のために協力し,よりよい教育活動を行っていきたいと思います。今後もどうぞよろしくお願いいたします。




2018年2月7日水曜日

2月6日(火) 全校朝会

 全校朝会では,校長先生による「心にのこることば」の講話がありました。
 ドラえもんの物語には,主人公であるドラえもんが多くの名言を残しています。そこには,ほしいものを得るときには努力が必要であること,人生には素晴らしいことが待っていること,自分のよさを知り磨いていくことなど,多くの大切な言葉が含まれていることを紹介してくれました。
 最後に校長先生から,「自分の中で大切だと思う言葉を見つけられるとよいですね。大切な言葉が自分の中にたまっていくと,周りの友達にも優しい言葉が言えるようになります。学校中にあふれることを願っています。」というお話がありました。

 子どもたちからは,「心に残る言葉を探して生活していきたい」や「ドラえもんの言葉を心に刻んで,楽しく,元気に過ごしたい」という感想がありました。

2月2日(金) 遠足

 本年度の遠足は,学年部に分かれて,それぞれの場所で楽しく過ごすことができました。
 低学年部は,遊覧船でクリスト・ロトを見学し,セントロにあるポサダ美術館で版画体験を行いました。高学年部は,カルビージョのグアジャバ飴工房でグアジャバ採りやお菓子作りを体験し,パルケ・インファンティルでレクリエーションを行いました。中学部は雨の影響で,頂上までは行けませんでしたが,ピカチョに登り,サビナル公園でレクリエーションを行いました。
 児童生徒は,遠足班で活動をし,どの班も「班の友だちと協力し,友情を深める。」という目標を達成することが出来ていました。また,アグアスカリエンテスの新しい魅力を発見することができた楽しい遠足になったようです。帰ってきたときの子どもたちの顔は,疲れも見えましたが,満足した笑顔も見られました。帰着式では,「自分の目標が達成できた」ことや,「今までで一番の遠足になった」という感想発表がありました。

 全児童生徒にとって,怪我なく,楽しい遠足になったことが本当によかったです。